MENU

相沢蓮也 うっかりハメちゃう「性欲トラップ」を購入して、ネタバレ公開します。

身近な「女友達」と一発ヤリたい。

 

気になる「知り合いの女性」と一度セックスしてみたい。

 

とりあえずどんな女性とでも一発ヤりたい。

 

女友達

 

身近にいる女友達や知り合いの女性に気に入った子がいれば、
片っ端から「一度はエッチしてみたい」と思うのがオトコの心理ですよね?

 

 

そんな身近な女性とはとりあえず一発ヤッてみて、それから、

・とりあえず一度限りの関係で終わらせるのか?
・都合のいいセフレの関係に持ち込むのか?
・自分の正式な彼女にするのか?

を決めればいいという、
オトコの淫らな願望に真正面から答えた教材です。

 

しかし、そんな都合のいいことって本当にできるんでしょうか?

 

 

 

うっかりハメちゃう「性欲トラップ」を買ってみました。

 

性欲トラップ表紙

 

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

 

 

● 見かけるたびにやりたくてやりたくて仕方ない、お気に入りの女の子が近くにいる。
● 身近にいる可愛いコとエッチしたいが、どうアプローチすればいいのかわからない。
● それなりに女友達はいるが、正直にいうとセックスの経験は少ない。
● いつも「いいひと」どまりで、女性から恋愛の対象として見てもらえない。
● 片っ端から女性とエッチして、その中からベストな彼女を見つけたい。
● 合コンのアフターでのエッチ成功率をアップさせたい。
● お金をかけずに、とにかくたくさんの女性と経験してみたい。

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

当サイトでは、恋愛コンサルタント相沢蓮也さんが公開した恋愛教材
「うっかりハメちゃう、性欲トラップ〜オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術」を
実際に購入して、その内容や方法・効果などについて
ネタバレ寸前まで、できるだけわかりやすくご紹介していきます。

 

立ち姿の女性

相沢蓮也さんと言えば
過去にリリースしてきた恋愛マニュアルも高評価を得ている
ヒットメーカーのひとりですね。

 

とりあえずどんな女性とでも一発ヤりたい・・・

 

こう言ってしまうと元も子もないかもしれませんが
オトコの願望を正直に告白してしまえば、
結局これに尽きるのではないでしょうか?

 

どんなに女友達がたくさんいたとしても、
どんなに女性たちから「いいひと」と思われていたとしても、
結局のところ、その女性たちとヤレなければ
男にとっては何の意味も残らないのではないですか?

 

女性たちは「いい人」と思ってくれたとしても
「この人とセックスしたい」と思っているわけではありません。

 

むしろ、女性に利用されるだけ利用されて、
男としてなんのメリットも見いだせないのではないかと思うんですよね。

 

男の場合、身近にいる女友達や知り合いの女性の中に可愛い子がいると、
「エッチしてみたい」って思うは当然のこと。

 

だから、我々が一番知りたいのは
「自分とエッチしたいと思っていない女性と、なんとかエッチしてしまう技術」です。

 

女性のヒップ

これさえ知っていれば、自分の身の回りにいるすべての女性を
セックスの対象にしてしまうことができるわけですから・・・

 

そんな、夢物語のような男の願望を
「夢」ではなく「現実」にしようというコンセプトのマニュアル、
それが「うっかりハメちゃう、性欲トラップ」です。

 

身近にいる可愛い女性たちと
片っ端からセックスすることに興味がある方は
ほんの数分だけこの先を読み進めてみてください。

 

 

 

特典をプレゼント

 

2つの有料動画教材(現在販売中)を含む特典をプレゼントさせていただきます。

 

特典内容とお受取り方法

 

 

のちほどこのページをゆっくりご覧になりたい方は「お気に入り」に登録しておくと便利です。

 

 

 

公式サイトをすぐに確認したい方はこちら⇒ 
うっかりハメちゃう「性欲トラップ」〜オンナ友達ととりあえず一発ヤる技術

 

 

「性欲トラップ」はどんなマニュアルか?

「性欲トラップ」の概要

 

 

これは「女友達とエッチするための教科書」です。

 

「女友達とヤる」という事にのみ特化したマニュアルです。

 

もう少しくわしく言えば、
オンナ友達の性欲に火をつけて、「あなたとセックスしたい!」と思わせるテクニック・・・

 

つまり「自分に対して恋愛感情を持っているわけでもない、
ただのオンナ友達、ただの知り合い女性とエッチするための教科書」です。

 

どうすれば女性の「理性」をぶち壊して

 

女性が本来持っている性欲をムキ出しに出来るのか・・・

 

理論的に突き詰めた「唯一の」マニュアルです。

 

 

 

【テキスト内容の一部】

※販売ページは「いかがわしさ満点」ですが、教材の内容はかなりレベルの高い仕上がりです。

 

テキスト内容の一部

テキスト内容

 

 

【ノウハウ提供者】 相沢蓮也(恋愛コンサルタント)

 

【マニュアル本編】 288ページ

 

 

オンナ友達と一夜限りの関係を持つ・・・そして、セフレ化する。

 

一度関係を持ったオンナ友達は、セフレにしやすくなります。

 

なぜなら、女性は「一度エッチしただけで捨てられた」と思いたくないために、
一度関係を持った男とはズルズル関係を引きづってしまう傾向があるから。

 

つまり、「最初の一回をヤる」のは相当ガードが堅いけれど、
一度ヤッてしまいさえすれば、ガードはゆるゆるになってしまうわけです。

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

オンナ友達にあなたとセックスしたいと思わせる

 

 

 

 

● 女性は、理由のないセックスはしない

 

理由のないセックスはしない

正直なところ、オトコは
セックスすることに大した理由を必要としません。

 

「それほどキライじゃない女性」
「ヤレそうなシチュエーション」

 

この2つさえあれば、女性と「エッチしたい」と考えます。

 

でも・・・女性の性欲はそんなものではありませんよね。

 

「キライじゃない」程度のオトコとエッチすることは
まずありませんし、

 

二人だけで、暗い場所にいるからと言って
「ムラムラ」するわけでもありません。

 

男は女性のオッパイやアソコを見れば、即興奮して
「入れたい」「やりたい」とエッチな妄想が作動し始めますが、
女性は男のペニスを見たって「入れて欲しい」「やって欲しい」とは思いません。

 

だから通常、女性は「ただの男友達」とはセックスをしません。

 

「友達である」くらいでは、セックスをする理由にならないからです。

 

もちろん友達として付き合っていく中で、その男友達のことを好きになり、
付き合ってほしい、彼氏になってほしいと思うことはあるのでしょうが、
でも、それは「ムラムラと性欲がわいて、エッチしたい」と思うのとは全く別の感情です。

 

 

● 男女の性欲のメカニズムの違いとは?

 

性欲のメカニズムの違い

男と女で全く違っているのは「性欲のメカニズム」なんです。

 

なぜ、男と女では、
性欲が刺激されてムラムラする理由が違うのか・・・

 

それは男女の性欲の仕組みが違い、
セックスへの価値観が違うからなんですね。

 

根本的には「セックスが好き」という性欲をもっているのに
なぜ、女性は簡単に股を開いてくれないのか?

 

■ 何が邪魔してムラムラしてくれないのか?
■ 何が足らなくてセックスさせてくれないのか?
■ どうすれば、友達・知り合いレベルでも股を開いてくれるのか?

 

女性がセックスしたくなる理由と、
女性があなたとセックスしたくなるために必要な行動、

 

それらを、とことん詳しく実用的に解説したマニュアルが
「うっかりハメちゃう、性欲トラップ〜オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術」です。

 

 

● 「オモテ」「ウラ」両方のテクニックを知れば・・・

 

女性上半身

 

「うっかりハメちゃう、性欲トラップ」は・・・

 

女の子の性欲を、
その場でダイレクトに刺激する方法をまとめたマニュアルです。

 

 

■ そもそも女性の性欲とはどんなものなのか?
■ 女性の性欲はどうすれば高まるのか(ムラムラするのか?)
■ 高まった性欲を、どうやって自分とのセックスに向けさせるのか?

を、とことん突き詰めたテクニックです。

 

そのテクニックにも

 

・「オモテ」・・・正統派のモテるテクニック(もちろんルックスに自信がなくてもOK)
・「ウラ」・・・・女性の心理や心のスキマを利用した反則気味のテクニック(効果バツグン!)

 

といった、女の子とエッチするためのオモテとウラの技が具体的に書かれていて、
いかにスマートにセックスへ持ち込むかまでがバランスよく解説されています。

 

このマニュアルに書かれていることを理解したうえで行動すれば
リアルの世界はもちろん、ネット上で知り合った「友達・知り合い」レベルの女の子を
非常に簡単な手順で、セックスに持ち込める確率が大きくアップするはずです。

 

 

公式サイトはこちら⇒ 
うっかりハメちゃう、性欲トラップ〜オンナ友達ととりあえず一発ヤる技術

 

「性欲トラップ」の基本的な3ステップとは?

 

女性の性欲を引き出す3つのステップ

 

ここでは「性欲トラップ」の内容を細かく見る前に、全体の流れを簡単にまとめておきたいと思います。
つまり「女友達と、とりあえず一発ヤル」ための全体の流れです。

 

「うっかりハメちゃう、性欲トラップ」は、女性に惚れてもらう、好意を持ってもらう前に
まずは「一度ヤル」ことをテーマにしているわけですが、

 

女友達を「メス」の状態にして、とりあえずヤってしまうためには、

1、女性の理性を取り外す
2、女性の性欲を引きずり出す
3、少しずつ、女性の体にタッチしながら挿入まで駆け上がる。

 

という3つのステップを効率よく、短時間でクリアしていく必要があるんですね。

 

で、この3つのステップを踏んでいくとしても、
まずその前に「女性の『性欲』ってそもそも何?」というところを深く理解しておかないといけない…。

 

相沢蓮也氏に言わせると、世の中の99%のオトコが女性の性欲を正しく理解していないから
女友達、身近にいる女性とヤレていないのだというのです。

 

くり返しになりますが、男は単細胞なので(笑)若くて可愛いコの裸をみれば、
一発で性欲120%爆発なんですけれど、女性の性欲はそういう仕組みには作られていません。
絶望的なまでに、男と女では『性欲』の質が違っているんですね。

 

女性の『性欲』を引きずり出す方法を知ろうというのに、
その性欲の正体を正しく理解していなければどうにもなりません。

 

なので、「性欲トラップ」では

 

第二章 そもそも女性は何にムラムラするのか?
第三章 女性の理性を取り外す方法
第四章 女性の性欲を無理矢理引きずり出す方法

 

の3つの章で、男とは全く違う女性の性欲の正体をしっかりと学んでいきます。
これは、かなり驚きの内容だし、これを知っているか知らないかだけで
今後の人生で何人の女性とヤレるか、相当数字が変わってくるんじゃないでしょうか。

 

女性は何にムラムラするのか?

この3つの章で、女性の理性を取り外したり、
『性欲』を引きずり出す方法が数多く紹介されているんですが、
「結局、どの方法を実行するのが一番良いか?」といえば、
答えは「全部、やってみるべき」ということのようです。

 

相沢蓮也氏の理論によれば、どれか1つという発想自体が、
そもそも女性の『性欲』を誤解していることになるんですよね。

 

女性の『性欲』は、小さな掛け合わせ・・・ジワリ、ジワリ、です。

 

「これだけやっとけばOK」というような
テンプレート的に単純化されていないだけ
かえってリアリティーが高く、再現性がありそうです。

 

このあたりは「第2章」をじっくり読むと完全に理解できるところです。

 

イメージとしては、
このゲームは一撃必殺の大振り・大技は当たらないように出来ていて、
小さな小技を、綺麗に、連続してコツコツあてていくという感じです。

 

そうすると、1つ1つの小技の威力は「1%」なのに、
1+1と、2連鎖すると、なぜか威力は「2%」じゃなくて「8%」
1+1+1の3連鎖だと、なぜか威力が、「3%」じゃなくて「27%」
4連鎖だと、威力は「64%」
6連鎖もすれば、威力は「216%」

 

という感じで、連続して繋げれば繋げるほどその効果は爆発的に膨らんでゆく・・・
『性欲』に火をつけて、オンナ友達とセックスしちゃうというのは、そういうゲームなんですね。

 

そして、理性を回避し、性欲を引きずり出した上で
どのようにしてセックスまで持ち込むかを解説した

第五章 スキンシップから挿入までの流れ

と続いていきます。

 

このように、
女性の『性欲』に関する正しい知識とメカニズムをすべて言葉に書き表したのが
「うっかりハメちゃう、性欲トラップ」というわけです。

 

大してイケメンでもないのに、なぜかセックスしまくっている男が
無意識、無自覚のうちにやっている行動のすべてが、マニュアルとしてまとめられているといっていいんじゃないでしょうか。

 

最初のうちは、全てを完璧にこなすのは難しいかもしれませんが、
ひとつひとつ女性に試していくうちに身に付いていき、自分のモノとして使えるようになりそうです。

 

ドライな言い方かもしれませんが、女性も所詮は動物ですから、
本来持っている「理性」を取り外して、直接『性欲』にアクセスできれば、

 

「オンナだって一皮むけば、オトコと一緒」

 

というのが、この「性欲トラップ」の最大のテーマと言えるのかもしれません。

 

 

公式サイトはこちら⇒ 
うっかりハメちゃう、性欲トラップ〜オンナ友達ととりあえず一発ヤる技術

 

うっかりハメちゃう「性欲トラップ」の内容をネタバレ公開

 

では、「性欲トラップ」の内容をネタバレ公開していきましょう。

 

うっかりハメちゃう「性欲トラップ」のもくじ

 

性欲トラップもくじ1 性欲トラップもくじ2

 

このマニュアルの販売サイトは、かなり怪しげなムードになっていますが
この「性欲トラップ」のノウハウは「王道」+「裏ワザ」の相当強力なものになっています

 

 

 

■第一章 女友達とセックスできるのか?

 

女友達

狙った女性とセックスするために絶対必要なことは、
その女性が秘めている性欲を刺激することです。

 

つまり、女性をムラムラさせてエッチな気分にさせないとセックスはできないわけですが、

 

それなりに経験を積んでいる男性であっても
男性と女性では「性欲のメカニズム」がイヤというほど違っているということに
気づいていないものなんですね。

 

 

我々男性の性欲に火がつくのとと、女性の性欲が刺激されるのは、
まったく仕組みが違っていることに気付かなければなりません。

 

例えばAV作品を考えたみましょう。

 

男たちはAVにそれほどストーリー性を求めることはあれませんし、
とりあえず、欲望を満たしてくれるセックスシーンだけを見れば満足することも可能です。

 

しかし、女性用のAV作品を見てみると、
男の目からすればあまりにも物足りないほどセックス描写はあっさりしたもので、
むしろ、そこに至るまでのムードや、エッチに至る必然性に重きが置かれていることに気付きます。

 

男は女性のアソコを見るだけで即ムラムラできますが、
女性は男性のペニスを見ただけで興奮するほど単純ではありません。

 

 

 

■第二章 そもそも女性は何にムラムラするのか?

 

端的に言って、「性欲トラップ」のこの部分を熟読するだけで、
今後は女性からモテるようになり、エッチに持ち込める確率も大幅にアップする可能性があるのではないでしょうか。

 

他のオトコがまず気付くことのない、
女性の「性欲」と「理性」の関連性の謎が解けてしまうからです。

 

女友達、身近な知り合い女性とエッチするためには

・理性を取り外し
・性欲を引きずり出す

という2点が必要なわけですが、

 

その具体的な方法を理解できている男は少ないわけで…。

 

ピンクの下着

 

男は指先で触っている時に、女性のアソコが湿ってきただけで
「なんだかんだ言いながら、コイツ感じてるじゃん」なんてほくそ笑んでしまうのですが、
実は、女性の身体的な反応と、性欲がムラムラするというメンタルの動きは全く別物。

 

だから、パンツに沁みるほど濡れていたとしても
頭の芯の部分は冷め切っていて、非常に冷静に理性が働いていることがほとんどなんですね。

 

本当の意味で、女性が性欲を刺激される仕組みを知らないから
身勝手な下ネタトークで引かれてしまったり、
「濡れてる=感じている」と勘違いして突っ走ったり…

 

女性をますます冷めさせてしまうことも多いんです。

 

 

こうした、女性の「肉体の反応」と「性的な興奮(ムラムラ)」を直結させるためには
相沢蓮也さんの提唱する「4つのリトマス試験紙」を意識して、それをクリアしていく必要があったんです!

 

この「4つのリトマス試験紙」のハードルさえ超えてしまえば
女性の感情と肉体は直結した状態になり「なんだかムラムラして、我慢できない」という状態に持ち込めるんです!

 

「性欲トラップ」で「4つのリトマス試験紙」を知るだけでも
女性がこれまで経験したことのないような感情を植え付けることができ、
それまでのオトコとは全く違った存在として意識されるようになるといいます。

 

これは女友達、知り合い女性に限らず、
全ての女性に対して使える考え方だと思いましたし、
これを知っていれば、今後、様々な女性とエッチに到達できる確率はかなり高くなると感じました。

 

 

 

■第三章 オンナの理性を取り外す方法

 

 

くりかえしになりますが、女友達とエッチするには

・理性を取り外し
・性欲を引きずり出す

ことが必要です。

 

女性下半身

このパートでは第一段階である「女性の理性を取り外す方法」について具体的に解説されています。

 

あなたは、その女友達とセックスしたいという欲望をもっている。
けれど、相手の女性からすれば「この人はただの友達」と思っている。

 

もう、その時点で彼女の「理性」が冷静に作動して、
「このひとはセックスの相手ではない」とスイッチはオフにされてしまっています。

 

男友達は、セックスする人ではないからです。

 

では、どうすれば彼女の理性をぶち壊して、
エッチしてもOKというスイッチオンの状態に変えられるのか・・・

 

そこで必要になってくるのが、前の章で解説されていた
「4つのリトマス試験紙」をクリアすることなんです。

 

このパートでは、4つのリトマス試験紙を「正攻法」でクリアしていく「表のワザ」と、
多少グレーな方法も使って4つのリトマス試験紙を最短でクリアしてしまう「ウラのワザ」が伝授されます。

 

どういう手順で進めていけばいいか具体的な手順が理解できますから、
読んで、そのままマネするだけで使えるノウハウに仕上がっています。

 

 

もちろん、基本的には「オモテのワザ」で攻めていくのが理想的だとは思いますが、
正攻法だけだとオンナ友達の性欲にに火をつけるのに少し時間がかかる場合もあるかもしれません。

 

黒い下着

そんな時こそ発動させたいのがちょっとグレーな「ウラのワザ」。
これをミックスさせることでショートカットで女性をムラムラさせ、
「成功率」と「性交率」が大幅にアップするんですね。

 

やっぱり、我々が本当に知りたいのは「正攻法」だけじゃないし、
そういうグレーな方法こそお金を出しても知りたいと願ってるわけで…
相沢蓮也さんのマニュアルは、そういう面でも満足感が高いですね。

 

 

「オンナの理性を取り外す」ちょっとグレーなアプローチは6つも用意されています。
なかにはかなり卑怯なテクニックも解説されています。

 

おそらく、女性がこのテクニックを使っていることを知ったとしたら
「それはズルいよ…」といいたくなるような方法ですね。

 

前の章で、女性がムラムラするメカニズムを学んだからこそ
この章で明かされている手順が「なるほど、これは使える!」と深く納得できます。

 

「暗示」や「混乱」「言葉」などを使って、心理コントロールで女性の理性を突き崩していきますが、
これはセックス目的だけでなく、女性をコントロールするという点では
日常的に使えるかなり有効なテクニックです!

 

 

公式サイトはこちら⇒ 
うっかりハメちゃう「性欲トラップ」〜オンナ友達ととりあえず一発ヤる技術

 

 

 

■第四章 女性の性欲を無理やり引きずり出す方法

 

 

いよいよ「性欲トラップ」も佳境に差し掛かります。

 

女性の「性欲」をムラムラと湧き上がらせるための
具体的なステップへと進んでいきます。

 

下着を脱ぐ

どのようにして女性の性欲を呼び起こし
あなたとエッチしたいという「欲望むき出し」にさせるか、
という具体的な手法です。

 

先にもお話ししたように、女性の場合、
アソコが濡れるといった「肉体的な興奮」と
性欲がムラムラするという「感情的な興奮」の間には
「理性」というやっかいな壁が存在します。

 

前のパートでその「理性」を取り外す方法を学んだわけですが、
理性の壁さえ取り払ってしまえば、女性も男と違いがあるものではありません。

 

もともと「セックスしたい」という性欲はオトコ以上に持っているんですから
あとは、その性欲を表に引っぱり出してやればいいわけです。

 

 

そのためには「しぐさ」や「言葉」「行動」など様々な手法を駆使することになりますが、
それらはすべてわかりやすく手順が示されていますので、迷わずに進めていけるはずです。

 

特に「死のイメージ」を取り入れた暗示的な手法というのは
まさに目からウロコ、一生モノの強力なスキルといえそうです。

 

 

 

■第五章 スキンシップから挿入までの流れ

 

 

女性の性欲を刺激して、欲望むき出しにしたところで、
いよいよお気に入りの女性とのセックスへと進展させていきます。

 

感じる>

 

ここでは、オンナ友達、知り合い女性をベッドに誘い、
彼女のアソコにインサートするまでの、もっとも確実な18のステップが公開されています。

 

ただし、相沢さん自身も述べていますが、
「18」というのは、あくまでももっとも細かくステップを刻んだ場合の数字です。

 

現実的には5〜6ステップ程度に単純化することができるものだし、
それなりの恋愛経験者なら3ステップぐらいにまとめてることもできると思います。

 

18ステップにまで細分化しているのは、
恋愛ビギナーの場合、どんなに女性の欲望を高めた状態であったとしても、
間違ったタイミングでキスを迫ったり、ホテルに誘ったりして
激しく警戒さたり、最悪の場合、ずっと敬遠されっぱなしという状況にもなりかねませんよね?

 

 

だからこそステップを細分化して、細かくチェックしながら二人の間合いを詰めていくという
かなり親切な「見取り図」を提供してくれているわけです。

 

これなら恋愛ビギナーでもスマートに彼女の身体を開かせ、
思う存分、彼女を味わうことができるようになっているんですね。

 

 

公式サイトはこちら⇒ 
うっかりハメちゃう「性欲トラップ」〜オンナ友達ととりあえず一発ヤる技術

 

 

うっかりハメちゃう「性欲トラップ」の最終評価

 

 

くり返しになりますが「性欲トラップ」は
「身近な女性とセックスするためのバイブル」といっていい内容に仕上がっています。

 

下着姿の女性

「女性の性欲の仕組み」を正確に理解して、
「女性をムラムラさせる方法」を身につけ、
「性欲ムキ出しになった女性をセックスに誘う流れ」を知るわけですから、

 

 

いつ、どんな状況、どんな相手であったとしても、
目の前にいる女性をベッドに誘い込める確率が
大幅にアップするのは当然のことなのかもしれません。

 

 

しかも、その内容はたまたま成功したという体験談や
初歩的な心理学を聞きかじったような机上の空論ではなく、

 

とても具体的で、相沢蓮也氏が今も結果を出し続けている実践的な内容が書かれています。

 

 

具体的に書かれているからこそ、これまで恋愛経験や女性経験が少ないという
恋愛ビギナーにとっても、迷わず実行に移していけるんですね。

 

 

●「身近なオンナ友達」とエッチ出来るということは・・・

 

ホテルにて

 

このマニュアル、タイトルの中では「オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術」と謳っていますが、
決して「オンナ友達」にしか通用しないというテクニックではありません。

 

むしろ「オンナ友達」というのは、
セックスを目的に考えた場合、一番ハードルが高い存在なんですよね。

 

というのも、女性は理由のないセックスはしませんから、
「友達」というレッテルが貼られた時点で「この人はエッチの対象ではない」と
完全に対象外に分類されてしまうわけです。

 

あなたに対してどんなに「良いひと」「頼りになる人」という良い印象を持っていたとしても、
「オトコ友達」と分類されれば「セックスする人ではない」と理性が強く働いています。

 

だから「オンナ友達」とエッチするのはかなり難しいことなんですよね。

 

でも、この「性欲トラップ」のノウハウを使えば
そんな、難易度か高い「オンナ友達」であっても
ハードルを簡単に飛び越えてセックスできてしまう…

 

それくらいの破壊力がある、という自信の表れとしてタイトルにわざわざ「オンナ友達」を謳っているのかもしれません。

 

難易度が高い「友達」の女性でさえセックスに持ち込めるテクニックを手に入れれば、
あなたに多少なりとも好意を抱いている女性や、
そもそも友達にさえ分類されていない「ナンパ」「出会い系」「初対面」といったワンナイトラブ系なら、
さらに簡単にエッチ出来る可能性が高まるわけですね。

 

 

●「女性の性欲を思いのままにコントロールする」最高峰のテクニック

 

女性の性欲を思いのままに

巷には「女性とセックスする」ためのマニュアル、ノウハウは
数多く出回っていますが、

 

「女性の性欲を思いのままにコントロールする」という点では
「性欲トラップ」が最高峰といえると思います。

 

 

男にとって永遠の願望、そして本能的な欲望である

 

「身近なオンナ友達と片っ端からセックスする」
「お気に入りのキレイな女の子とセックスする」
「自分とセックスするはずのない女性となぜかセックスしてしまう」

 

という状況を現実のものにするためには、
男とは全く違っている「女性の性欲のメカニズム」を知ることが必要です!

 

女性の性欲の仕組みを知る⇒

 

女性の性欲を引きずり出す(ムラムラさせる)⇒

 

その性欲を自分とのエッチに向けさせる⇒

 

女性の理性の壁を壊し、セックスを拒否する理由をなくす⇒

 

「このはエッチしてもいい人だ」という認識を植え付ける⇒

 

セックスする。

 

こうした一連の流れが「うっかりハメちゃう性欲トラップ」では完成しているんです。

 

読めばすぐに「試してみたい!」と思えるリアリティーのある内容なのがいいですね。

 

くり返しになりますが、この性欲トラップの「女友達とヤる」というテーマは、
女友達に限定されるものではなく、どんな女性に対しても応用が効く「王道」のテクニックです。

 

一番難易度が高い「オンナ友達」さえ攻略できるテクニックを身につけてしまえば、
この先どんな女性が相手であったとしても「とりあえず、一度セックスしてみる」というところまで
とてもシンプルなパターンで実現できるようになってしまうんですね。

 

今後何らかの接点がある女性(友達、行きつけの店のコ、同僚、部下、ご近所さん、友達の彼女…などなど)
全てが、あなたのセックス対象になると考えてもいいわけです。

 

自分はこの程度の女とやるのが精いっぱい…と我慢したり妥協するのではなく、
本当に気に入っているキレイな女性と、セックスしたい時に、セックスできる・・・

 

いつでも女性の性欲を自分に向けさせ、「このひととセックスしてもいい」というムードを自由に生み出せる、
そんなちょっと卑劣な男になりたいのなら、この教材はかなりお薦めと言えます。

 

 

公式サイトはこちら⇒ 
うっかりハメちゃう「性欲トラップ」〜オンナ友達ととりあえず一発ヤる技術

 

当サイトの特典付きのお申し込みは…

 

当サイト経由で「性欲トラップ」をお申込みの方限定で

 

限定特典をご用意させていただきました。

 

現在、有料で販売中の2本の動画教材もプレゼント!

クンニクマン教材 TAKA教材

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特典内容

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

オンナ友達にあなたとセックスしたいと思わせる

 

 

 

 

 

「性欲トラップ」ご購入者からお寄せいただいた口コミ・感想

 

 

男性プロフィール

最近購入したマニュアルの中では最高に使えそうな教材です。
読み終わったとたんに「試してみたい」と思えたのが評価できる点です。

 

女友達とセックスする、というコンセプトがとてもわかりやすいし、
セフレ作りにも本命の彼女づくりにも使えそうなのがよかったです。
内容は相当なボリュームがありますが、かなり具体的に書かれているので
ひとつひとつ実際に試していくことが出来そうです。

 

女性と全然会話ができないという人にはさすがに実行は難しいと思いますが、
ふつうに友達関係を築けるくらいの会話力があれば誰でも実践できるんじゃないでしょうか。

 

まわりに可愛い女友達がたくさんいる、
いつもイイ人どまりで最後の一線が超えられない、
いい感じになった女の子をどうやってエッチに誘えばいいかわからない、
という人に「性欲トラップ」はぴったりのマニュアルだと思います。

 

 

 

男性プロフィール

自分は全然女性と付き合ったことがないわけじゃないですが、
いつもエッチにもちこむまでにすごく時間がかかってしまって、
エッチへのもちこみ方を間違って気まずい関係になってしまったり、
エッチする前になんとなく自然消滅みたいなことが多いのが悩みでした。

 

「性欲トラップ」は読んですぐにモテるみたいな内容ではなくて、
少しずつじわじわ攻めていく感じですけど
誰に対しても使える方法なのでとても実用的だと感じました。

 

自分がちょっと気になっている何人かの女性に同時に仕掛けてみて、
ひょっとするとそのうちの一人は一か月後にエッチ出来るかもしれないし、
三か月後には他の女性と出来るかもしれないしって感じで楽しんでいこうと思います。
その中から本当の彼女が見つかったらラッキーですね。

 

 

特典付きのお申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

オンナ友達にあなたとセックスしたいと思わせる

 

 

●【性欲トラップ・コラム】肉体的な興奮と心理的な興奮

 

 

女性の性欲について、とても重要な実験データがあります。
アメリカの大学で行なわれた、ある実験。
たくさんの女性を集めて、彼女達に様々な写真を見せた。
写真の内容は、

 

運動をしている男達。
運動をしている女達。
ゲイのセックスシーン
レズビアンのセックスシーン
男女のセックスシーン
サルの交尾シーン
うっかりハメちゃう性欲トラップ

 

各写真を見た女性達の『膣』の血流量の変化を測定したところ、どの写真の後も、血流が増加した。
つまり、肉体的には全部、興奮したんです。
ところが、彼女達一人一人に、その興奮度を直接ヒアリングした所、
男女のセックスシーンがもっとも興奮度が高く、次がレズビアンのセックスシーン。
他はたいした興奮度ではなく、サルの交尾に至っては、誰も興奮しなかった。

 

この実験から分かることは、女性は肉体的興奮と心理的興奮が切り離されている、ということ。
ちなみに、男でも全く同じ実験を行なったそうですが、男の場合、肉体的興奮と心理的興奮が完全に一致していて、
サルの交尾を見ても、男性器の血流量は増えなかった。

 

(ま、そりゃそうですよね。男は勃起すれば、同じくらい、心理的にも興奮している。
でも女性は、『膣』の血流が増えても、それで心理的に興奮するかどうかは別)

 

女性の下着が濡れていると、それを見た男は、「口では嫌がってるけど本当は・・・」と、
勝手に解釈しやすいんですが、(男の場合、勃起してればそれがそのまま心理的興奮なんで、
そういう自分を規準に解釈するから)女性の場合は、そうではない。

 

下半身が濡れていても、本当に、心理的には冷めていたり、本気で嫌だと思ってたりします。
心の底から嫌だと感じながらも、下半身は濡れることが出来るので、
レイプやアダルトビデオの撮影が成立してしまうわけですよ。

 

幸か不幸か分かりませんが・・・心と肉体の不一致。
女性の性欲を理解するために、このテーマは避けられません。
なぜ、男と女では、こうまで性欲の質に違いがあるのでしょうか。

 

たぶん、セックスに対する『リスク』が、その答えになりそうです。

 

男は、いいんですよ。
女性の裸をパっと見て、興奮して、ちゃちゃっと腰振ってピュピュっと出して。
あ〜、気持ちよかった。はい。お終い。でも女性の場合、そこから先があります。
男にとってセックスはゴールでも、女性にとってのセックスは始まり。

 

まず第一に妊娠のリスク。
妊娠してしまった場合、本当にお腹の子どもを育てられるのか。
相手の男は、自分を捨てて逃げ去ってしまわないだろうか。
あるいは逃げなかったとして、本当に動けない自分と幼い子供も養うだけの力があるのだろうか。
これから生まれる子どもを本当に大切にしてくれるのだろうか。

 


男と女では、若い時代の価値が違います。
言ってしまえば、男は60歳になったって射精できるし、子どもも作れる。
でも、女性は子どもを産める期間は非常に短い。

 

30歳過ぎれば、どんどん妊娠できる確率が下がるというデータもあるくらい。
また、男から積極的に求められる時間も、現実的にはとても短い。
結局みんな、若い子が好き。

 

(これは、子孫を残すという本能を持つ、動物としてやむを得ない)
女性にとっての20代と、男にとっての20代。
同じ10年間という歳月でも、動物的なその時間の価値は30倍くらい違います。

 

若いだけの男に価値は無い。
でも、長期的に魅力を磨いて自分の価値を作ってゆける。
一方、若いだけの女性には非常に大きな価値がある。
そして、その時間は非常に短い。
(あくまでも、動物的『性』の話ですよ、、、念のため)
だからこそ、女性は慎重にならざるを得ない。
おかしな男とうっかりセックスして、妊娠して、
そのまま逃げられでもしたら、比喩でもなんでもなく、本当に人生が狂ってしまう。

 

だから、女性という動物は、歴史の中で
肉体的な興奮と、心理的な興奮を切り離す術を覚えたんです。

 

男のように、『反応』だけでセックスはしない。
そうして、肉体的興奮と心理的興奮の間に、
「この男は本当にセックスする価値があるのか」という『リトマス試験紙』を挟むように進化しました。

 

「性欲トラップ」は、このリトマス試験紙を短時間に「クリア」してしまう裏ワザだったんですね。

 

無料相互リンク

このページの先頭へ